インターネット販売について

「本当においしいものを食べてほしい!」
卸売市場の社長が選りすぐった塩干物をインターネットで

ちりめん・しらす

最近、とみに、「おいしい酒の肴や塩干物を食べたいのだけれど、どこで買ったら間違いのない、おいしいものが買えるのか?」と言う人が多い。少子高齢化の人口構成の中で、団塊の世代が第一線を退いていくのだけれど、まだまだ引退したと言っても元気な方が多い。おいしいものを少し欲しいと言うニーズは必ずあるのです。

専業小売魚店が衰退して、魚を買うのには、スーパーか百貨店くらいしかない。スーパーもいろんな工夫をして、また知識も豊富になってきて、売り場もバラエテイに富むようになってはきているが、チェーンストアオペレーションに頼るところがあり、その出店地域のお客様を満足させているかは難しい限りである。

前年度対比や荒利益率の確保など数字を追いかけることはもちろん大事な要素ではあるが、消費者側から見るとまったくナンセンスである。低価格なものを求めていくと無論品質の悪いものを販売せざるを得ない。

真の安さとは、品質にあった価格がどれだけ安いかであって、決して価格が低いことではない。1000万円の外車のスポーツカーと80万円の軽自動車と比べて、どちらが安いかを論じているのと同じことだ。

そこで、私は友人知人においしいものを食べていただくために、インターネット販売を始めることにしました。

長年、卸売業に携わってきたからこその
経験と信念を持って提供していく

干物

まず旬の打ち出し。塩干物は今では冷凍物が多いのですが、前浜物には、必ず旬があります。その紹介を第一にしたい。もちろんネット販売は各産地の生産者のホームページ、楽天やamzonなどのポータルサイトで盛んに行われている。しかし、あまりにも店舗が多すぎてどれが自分に適切なのかはわかりにくい。宝くじの抽選に当たる確率で捜さなければならない。私どもは長年消費地大阪で卸売業に携わってきた経験を元に、いつどこの産地の誰が作ったものが一番おいしいのか熟知している。いまは量販店のバイヤーにあわせて価格重視の商品を選択している業者が多いが、何がうまくて良いのかのDNAは脈々と受け継がれている。

2番目に数量を限定してでも、自分が納得したものしか出さない。数量はそんなに集まらないが、うまくマッチングできるところは充分にあると考える。ネットショッピングのサイトを見ていて、いつも思うことであるが、本当にサプライヤーの思いが伝わっているところは少ない。製作者や担当者が会社命令でしている、やっつけ仕事にしか見えない。もちろん採算をあわせ利益を確保するには至難の業であるのは理解できるが、わたしのサイトではそうしたくない。うまいものを食べれば幸せにもなるし健康にもなる。

一般には、たくさん買えばよいものが集まり値段も安くできると思っている人が多い。大きな間違いで、魚の場合はまったく違う、むしろたくさん集めようと思うと品質にばらつきができるし価格も上がる。このことはわかってもらえるようでなかなか理解してもらえない。

商品カテゴリー

  • 全ての商品
  • ちりめん・しらす
  • 干海老(ほしえび)
  • 珍味類(ちんみるい)
  • くぎ煮・佃煮
  • 煮干(にぼし)
ちりめんじゃこの豆知識
インターネット販売について
会員登録をすると、次回から簡単に購入可能!
お問い合わせ tel.06-6464-9500
乾海産株式会社